圧倒的な不在感

のりべえ 2歳7ヶ月22日

のりべえが検査のため入院した。
今回は脊椎全体をMRIで撮影(1時間くらいかかるそうな)するため、全身麻酔となる。
ひさびさの病棟、麻酔医の診察、同意書への署名などなどを済ませて帰宅。
長男の帰宅には間一髪間に合わず、心細い思いをさせてしまった(でも泣かずに待っていたのはえらい)。
それにしても、のりべえがいないとものすごく「いない!」という感じがする。普段それほどうるさいわけでも手がかかるわけでもなく、寝ているか座っているかしているだけなのに、この圧倒的な「不在感」はなんなのだろう。

Powered by Movable Type 4.22-ja
生まれて何日