の最近のブログ記事

MRI

磁気共鳴画像(Magnetic Resonance Imaging)で体内の組織を“撮影”する検査。
CTのような被曝リスクもなく、鮮明な画像が得られるが、撮影時にかなり大きな音がするなどの短所もある。
訓子の場合、事前に眠くなる薬を与えて撮影しているとのこと。また、圧設定に磁石を使うタイプのシャントチューブを入れているため、強い磁場の中に置かれるMRI検査を受けたら圧設定をやり直す必要がある。

カテゴリ

Powered by Movable Type 4.22-ja