の最近のブログ記事

胃酸が食道に逆流しているかを確認するための検査。食道に2箇所のpHメーターを設置し24時間計測し、「上」のpHメーターが酸性を示していた時間の割合を見る。のりべえは2008年9月の検査入院時に実施している。

ショック

急性の末梢循環不全によって全身の臓器や組織に十分な酸素化血を供給しえず、細胞の代謝障害をきたした状態を言う。
代謝障害はさらに循環障害を助長しついには死を招く。ショックの原因としては種々のものがあげられるが、その直接の原因に生体反応が複雑にからみあって進行してゆくものであって、ある時期を越すといかなる対策も奏功せず死にいたる。この時期を不可逆期と呼ぶ。
ショックは原因によって次のように分類される。

  1. 体液喪失性ショックhypovolemic shock
  2. 心原性ショックcardiogenic shock
  3. 細菌性ショックbacteriogenic shock
  4. その他
訓子のケースはこのうちの体液喪失性ショックにあたるようだ。

CT

コンピューター断層撮影(computerized tomography)の略。
細く絞ったX線を人体に透過させて検出器で測定し、人体内でのX線吸収値をコンピューターに記録する。 この操作を全周にわたって行ない、得られたデータをもとにコンピューターで画像に合成する。
一般的なX線撮影に比べ、被曝線量は高くなりがちである。

シャント

液体のたまっている部位を体の別の部分とつなぐ柔らかく細い管状の器具。 また、それを体内に埋め込む手術を指す場合もある。
水頭症の治療におけるシャントは、脳で吸収されなくなった髄液を身体の別の場所に管で短絡させて吸収させようとするもの。
シャント手術には、脳室から脳脊髄液を流す先をどこにするかにより、VPシャント、VAシャントといった種別がある。

小顎症

あごが異常/不適当なほど小さい状態。無呼吸症候群の原因となりうる。

カテゴリ

Powered by Movable Type 4.22-ja