の最近のブログ記事

導尿

診断あるいは治療の目的で、膀胱内にカテーテルを挿入し、尿を体外に導くことをいう。
訓子は自力で排尿することができないため、ほうっておくと膀胱内に尿がたまり、たまりすぎると「あふれて」くるが、このままにしていると、膀胱から腎臓へ尿が逆流して炎症の原因になったり、膀胱が硬くなってしまったりするため、一日数回、ネラトンカテーテルを使って導尿を行っている。

ドレナージ

ドレナージは一般に血液、膿、滲出液、消化液などを感染原因の除去や減圧目的で患者の体外に誘導、排泄すること。
当サイトでは特に、水頭症への対処としての脳室ドレナージを指す。脳室ドレナージは、頭蓋骨に直径1cm程の穴をあけて、脳室に細い管を入れ、余分に溜まった脳脊髄液を体外に排出する処置。

カテゴリ

Powered by Movable Type 4.22-ja