CT

コンピューター断層撮影(computerized tomography)の略。
細く絞ったX線を人体に透過させて検出器で測定し、人体内でのX線吸収値をコンピューターに記録する。 この操作を全周にわたって行ない、得られたデータをもとにコンピューターで画像に合成する。
一般的なX線撮影に比べ、被曝線量は高くなりがちである。

<CT>に関するWikipedia情報
CT
コンピュータ断層撮影(コンピュータだんそうさつえい、英語 Computed Tomography、略称:CT)は、放射線などを利用して物体を走査しコンピュータを用いて処理することで、物体の内部画像を構成する技術、あるいはそれを行うための機器。 「断層撮影」の名前のとおり、本来は物体の(輪切りなどの)断面画像を得る技術であるが、これらの検査技術は単に断面画像として用いられるのみでなく、画像処理技術向上によって3次元グラフィックスとして表示されることも多くなってきている。 広義の「CT」はポジトロン断層法(PET)や単一光子放射断層撮影(SPECT)等を含むが、一般的に「CT」と言った場合、ほぼ常に最初に実用化されたX線を利用したCTのことを指すようになっている。本項ではそのX線CT検査について記述する。 コンピュータ誕生以前の断層撮影方式では、1930年代にイタリアの放射線科医師のアレッサンドロ・ヴァッレボーナによってトモグラフィーの原理が発明された。

カテゴリ

Powered by Movable Type 4.22-ja