経管栄養

口や鼻から、または他に適当な開口部を設け、そこからゴム管を消化管内に挿入し流動食を与える方法。
訓子の場合、チューブは鼻から入れている。鼻から出てきた部分を頬にテープで固定し、「食事」のときは先端の蓋を開けてイルリゲートルからの栄養チューブをつないでいる。

<経管栄養>に関するWikipedia情報
経管栄養
経管栄養(けいかんえいよう、英:Tube feeding)とは、経口摂取が不可能あるいは不十分な患者に対し、体外から消化管内に通したチューブを用いて流動食を投与する処置である。広義には、チューブを介した栄養と言う意味で高カロリー輸液も含めることがある。その場合、流動食を用いたものは経腸栄養(enteral nutrition)もしくは経腸経管栄養と呼ばれる。 適応 消化管やリンパ管の障害などで禁忌である場合を除き、食事が経口摂取できない場合や、治療上、食事を制限もしくは禁止する場合。 流動食の種類 栄養素のバランスや浸透圧、濃度などの違う様々な流動食が売られている。腎不全、肝不全、慢性低栄養向けのビタミン・微量元素製剤、免疫力を強化するためにアルギニンを添加したものなどがある。 投与量 長期臥床その他の理由で腸管の運動性が低下している患者においては嘔吐の危険があるため、初めは極少量を持続で投与し、数時間おきに胃内容物の量を測る。

カテゴリ

Powered by Movable Type 4.22-ja