マクロライド系

| コメント(0) | トラックバック(0)

いろいろな種類のある抗生物質/抗生剤は、いくつかの系列に分類される。マクロライド系はその系列のひとつ。通常、「様子見」で出されるような抗生剤とは異なる範囲の細菌(たとえば、マイコプラズマ)に効く。また、増えた細菌を減らすというよりは増えるのを抑えるような効き方をするので、体内での濃度が下がらないよう、欠かさず飲む必要があるらしい。

<マクロライド系>に関するWikipedia情報
マクロライド系
『マクロライド系抗生物質』より : マクロライド系抗生物質(マクロライドけいこうせいぶっしつ、以下マクロライド)は、主に抗生物質として用いられる一群の薬物の総称。 抗生物質としては比較的副作用が少なく、抗菌スペクトルも広い。ことにリケッチア、クラミジアなどの細胞内寄生菌や、マイコプラズマに対しては第一選択薬となる。小児から老人まで広く処方される頻用薬の一つであるが、一方ではその汎用性が一因となってマクロライド耐性を示す微生物が増加しており、医療上の問題になっている。 また、他の薬物との薬物相互作用が問題となる場合もある。 マクロライドの活性は化学構造上のマクロライド環に由来する。これは大分子量のラクトン環で、1つまたはそれ以上のデオキシ糖(通常はクラジノースかデソサミン)が結合されている。このラクトン環は、14員環、15員環、ないし16員環でありうる。 最初に実用化されたマクロライドはエリスロマイシンである。イーライリリー社のマクガイア(J. M. McGuire)らによって、フィリピンの土壌中から分離された放線菌の一種、Saccharopolyspora erythraea(旧名Streptomyces erythraeus)から分離された。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://manabu.s176.coreserver.jp/mt2/mt-tb.cgi/391

コメントする

カテゴリ

Powered by Movable Type 4.22-ja