シャント

液体のたまっている部位を体の別の部分とつなぐ柔らかく細い管状の器具。 また、それを体内に埋め込む手術を指す場合もある。
水頭症の治療におけるシャントは、脳で吸収されなくなった髄液を身体の別の場所に管で短絡させて吸収させようとするもの。
シャント手術には、脳室から脳脊髄液を流す先をどこにするかにより、VPシャント、VAシャントといった種別がある。
<シャント>に関するWikipedia情報
シャント
シャント (shunt) とは、血液が本来通るべき血管と別のルートを流れる状態のことである。ふつう、動脈と静脈が肺循環系や内臓を含む毛細血管を介さず直接吻合している箇所を指す。 病的シャントは先天性心奇形において見られ、ファロー四徴症、心室中隔欠損症、心房中隔欠損症、単心室症(無脾症)、動脈管開存症等がこれをきたす代表的疾患として挙げられる。特に、静脈系から動脈系への流出を右→左シャント、動脈系から静脈系への流出を左→右シャントと言い、どちらのシャントになるかは吻合部位の圧較差によって規定される。無論、圧力の高い側から低い側へと流れて行く。 いっぽう、シャントは健常人にも存在する。シャントとは狭義には上述の定義であるが、広義には肺におけるガス交換に与れない肺血流、すなわち換気血流比(1分間あたりの肺換気量を肺血流量で除したもの)が正常値に満たない部分のことも含む(この場合静脈血がそのまま動脈系に流入していると考えることができるので、右→左シャントである)。

カテゴリ

Powered by Movable Type 4.22-ja